高強度PRC版プレキャスト舗装

NETIS登録番号 CB-020006-V

  • 東京国際空港

  • 福岡空港

  • 国道4号(仙台市)

  • 苫小牧港東港区中央ふ頭

革命的なコンクリート舗装版の開発

高強度PRC版とは長寿命・高耐久・高品質のプレキャスト製(工場生産したコンクリート部材)舗装版です。
空港やコンテナーヤード、重交通路線のように交通荷重が特に大きい場合や軟弱地盤上に適し、工期短縮やライフサイクルコストの低減にも大きく貢献します。

用途
  • 道路舗装
    高速道路料金所、空洞化対策、軟弱地盤対策 等
  • 空港舗装
    エプロン・誘導路の新設・補修 等
  • 港湾舗装
    クレーン走行路・コンテナ版 等
高速道路料金所
空港誘導路
クレーン走行路
特徴
  • 高強度コンクリート(設計基準強度60 N/mm2)を使用
  • ラチストラス鉄筋を採用 : 変形性能向上及び薄肉・軽量化を実現
  • コッター式継手による版連結 : 平面一体化舗装構造、部分的な取替えが容易
  • 急速施工が可能
高強度PRC版構造図
コッター式継手
鉄筋籠とラチストラス鉄筋

施工手順

1
既設舗装撤去
2
ビニールシート敷設状況
3
高強度PRC版設置
4
高さ調整状況
5
グラウト充填状況
6
コッター式継手締付状況
7
施工完了

災害対策としての高強度PRC版の活用についてはこちら

カタログはこちら

高強度PRC版研究会についてはこちら