沿革History

  • 1938年(昭和13年) 株式会社熊谷組の道路部門として発足
  • 1963年(昭和38年) 総合建設業者として建設大臣登録
    熊谷道路誕生
  • 1964年(昭和39年) (社)日本道路建設業協会に加入
    飛島道路誕生
  • 1969年(昭和44年) (社)日本道路協会に加入
  • 1971年(昭和46年) 薄層舗装材料クマコート開発・実用化
  • 1973年(昭和48年) 建設大臣許可(特-48)第1770号取得
  • 1977年(昭和52年) 舗装用表面コート材(サニーコート)、カラー舗装合材(KMカラー)、常温アスファルト合材(KMファルト)開発・実用化
  • 1979年(昭和54年) 断熱路盤工法の開発
    KMスタビライザーの実用化
  • 1982年(昭和57年) 道路維持の工法(RDマット工法)を開発、実用新案登録を出願
  • 1984年(昭和59年) 技術研究所を開所(茨城県)
    地盤ブロックユニット開発
  • 1985年(昭和60年) 半剛性舗装(KMサルビア)開発・実用化
    サーフェスリサイクリングの実用化
  • 1987年(昭和62年) 断熱路盤工法を開発
  • 1993年(平成5年) 緊急補修材(ダッシュペーブE)、コンクリート系排水性舗装 (NJP)を開発・実用化
  • 1994年(平成6年) 社名を株式会社ガイアートクマガイに変更、シンボルマークもあわせて制定
  • 1995年(平成7年) 砕石マスチックアスファルト(ガイアートマスチックアスファルト)の実用化
  • 1998年(平成10年) 凍結抑制舗装(フリーズアタックぺーブ)開発・実用化。KMウッド、KMコルクの実用化
  • 1999年(平成11年) ISO9001全支店取得
    機械センター開設
    ReSM工法の実用化
  • 2000年(平成12年) 関東地方整備局で性能規定発注工事(低騒音舗装)を受注
    JH発注工事において延長床版工法が採用される
  • 2001年(平成13年) 保水性舗装(クールべーブ)開発・実用化
    中部地方整備局発注工事で高強度RCプレキャスト舗装版工法が採用される
  • 2003年(平成15年) ハイブリッド吸音防護柵工法の実用化
    環境舗装東京プロジェクトに参加
  • 2004年(平成16年) 4月1日、株式会社ガイアートクマガイと飛島道路株式会社が合併し「株式会社ガイアートT・K」発足
  • 2005年(平成17年) 環境マネジメントシステムISO14001東京支店にて認証取得
  • 2006年(平成18年) 内部統制システム整備の基本方針制定
  • 2007年(平成19年) 品質マネジメントシステム全社統合認証取得
    バイロメントペーブ開発。
    東北地方整備局工事成績優秀企業認定
  • 2008年(平成20年) 九州地方整備局工事成績優秀企業認定
    環境マネジメントシステム認証全社統一取得
  • 2010年(平成22年) 北海道開発局工事成績優秀企業認定
    環境大臣賞受賞
  • 2011年(平成23年) 一般有料自動車道事業「白糸ハイランドウェイ」運営開始
    フル・ファンクション・ペーブ(FFP:多機能型排水性舗装)開発・実用化
  • 2012年(平成24年) 陸支店福井合材工場が「平成24年度循環型社会推進功労者等環境大臣表彰」を受賞
  • 2013年(平成25年) 四国地方整備局工事成績優秀企業認定
    「体感KY活動」スタート
    ガイアートT・K創立50周年
  • 2014年(平成26年) 中部地方整備局工事成績優秀企業認定
    東京国際空港で高強度PRC版採用
  • 2015年(平成27年) 建設業では日本初、道路アセット分野ではアジア初でISO55001の認証を取得
  • 2016年(平成28年) 中部地方整備局工事成績優秀企業認定(2年連続)
    フル・ファンクション・ペーブ(FFP:多機能型排水性舗装)20万㎡突破
    中部地方整備局工事成績優秀企業認定(3年連続)
    社名を株式会社ガイアートに変更
  • 2018年(平成30年) フル・ファンクション・ペーブ(FFP:多機能型排水性舗装)50万㎡突破
  • 2019年(令和元年) 関東地方整備局工事成績優秀企業認定
  • 2020年(令和2年) コッター床版工法を適用した橋梁床版工事竣工(福島県広野町)