体感KY Taikan KY

体感KYとは

当社独自の活動

株式会社ガイアートは、日常行われる多くの安全活動の中から、災害・事故防止に直結するKY(危険予知活動※)に力を注いでいます。当社独自の方法でKY活動を行い、名称を『体感KY(活動)』としています。

※危険予知活動 作業を始める前に、作業に潜む危険性を予測し、作業者全員で危険性の情報を共有し対策を講じることで、予測できる災害の発生を未然に防止する活動

体感KYとは


見える注意喚起用品で安全意識を継続

体感KY活動状況

体感KYの効果

2013年4月より取り組みを始め、以前と比較し大幅に労働災害・公衆災害が減少しています。全員でひとつのことに真剣に取り組んでいる成果であります。
また、体感KYでより安全な職場になるだけでなく、みんなで考え行動することで、品質・環境、コスト削減などにも良い効果が現れています。

【作業者さんの声】

  • 現地でKYをするので、危険なものが目で確認でき、わかりやすい。
  • 以前の対策は「○○に注意する」としていたが、体感KYを始めてからは、具体的にどうすると考えるようになった。また、仲間の危険も考えるようになった。
  • 以前と比べ、仲間や元請さんと安全に関することだけでなく、会話が増え、普段から話やすくなった。

【社員の声】

  • 何より現場がよりきれいになった。
  • 作業中も目に入るのぼり旗などの用品を使い、危険意識を継続していることから、作業が変化するときなども体感KYで安全を確保してから作業を始めるのが確認できるようになった。あとはマンネリ化しないよう工夫しています。

体感KYの評価

発注者様より評価をいただき、安全協議会等において取り組みを発表する機会をいただいております。

体感KYを題材にした論文で表彰を受賞