ReSM工法土の流動化処理工法

ReSM工法とは、建設発生土を有効活用する地盤改良技術です。

ReSM工法(Re-produced Soil Material Method)は建設現場における発生土を主材料として流動性の有るソイルセメントを製造し、施工場所に運搬・打設することで、任意の強度を有する地盤を構築する工法です。

製造や打設方法は様々な施工条件、地盤条件に対応できます。

用途
  • 盛土、構造物の埋め戻し
  • 空洞充填、水中充填
  • 締固め作業が困難な場所
  • 地震時の液状化対策
谷埋盛土(現場打ち杭安定液の再利用)
道路路床部埋戻
斜杭埋戻
防空壕埋戻
道路基盤部埋戻(軽量ReSM)
護岸背面部海中打設
特徴
  • 発生土を有効活用
    建設現場で発生する土砂を廃棄土にしないリサイクル工法で、現場プラントを設置し製造します。
  • 締め固め作業が要らない
    コンシステンシーを調整した流動化土であるため施工時の締め固め作業が不要であり、工事中の騒音・振動が抑制できます。
  • 強度・比重・流動性を自在にコントロール
    配合を調整することで現場に応じたReSMが製造できます。また、気泡を混入することで軽量化も図れます。

ReSM工法の製造方法・打設方法

製造方法

特殊ミキサー車方式
 狭隘な施工場所に適する

特殊ミキシング方式
 幅広い発生土に適用可能

一体型プラント方式
 大規模施工に適している

打設方法

ポンプ打設
 ・トンネルの閉塞
 ・運搬車による搬入が困難等

シュート打設
 ・立坑の埋戻し
 ・開削部の埋戻し・充填等

ポンプ車打設
 ・トンネル坑口での人工地山造成
 ・高所への埋戻し・充填等

施工手順

1
プラント組み立て
2
原料土の巨礫除去 ※原料土に混入している場合
3
加水・原料土投入
4
練混ぜ(泥水)
5
泥水比重・製造量チェック
6
泥水・セメントアジテーター車に投入
7
品質チェック・打設

ReSMの性状

処理土1立方メートル当たりの標準配合の例

セメント(kg) 水(リットル) 土砂(m3) 強度(N/m m2 単位体積質量(t/m3) 備考
低強度 100 368 0.6 0.2~0.5 1.3~2.0 再掘削が可能な配合
中強度 200 237 0.7 0.5~1.0
高強度 別途 3.0以上
軽量 別途 0.2~0.5 0.6~1.2 気泡入り

透水係数   10-6~-7cm/s
※原料土の物性により変わります

<参考>

粘土10-10
遮水シート10-9
シルト・砂10-9~-5
発泡モルタル10-7~-3