中温化混合物中温化合材

中温化混合物

アスファルトモルタル中に特殊化学発泡剤を使用したアスファルト混合物で、アスファルト混合物の混合性と締固め性を向上させることができます。
また、製造温度を低減することでCO2の排出量を直接的に削減することができ、地球温暖化対策にも寄与します。

用途
  • 製造時の燃料削減(製造温度:通常より30℃低減)
    Co2排出量の削減、省エネルギー化
  • 規制内修繕工事(製造温度:通常より30℃低減)
    規制時間の短縮、初期わだちの低減、シックリフト工法・大粒径アスコン等の厚層施工によ る工期短縮
  • 寒冷期施工(製造温度:通常と同一)
    舗設許容時間の拡大
  • 小規模舗装工事(製造温度:通常と同一)
    作業性の向上と品質の確保
特徴
  • 化学発泡剤を添加し、アスファルトモルタル中に泡を発生させ、これを維持することでアスファルト混合物の混合性と締固め性を向上する
  • 製造温度、締固め温度を30℃程度低くしても通常のアスファルト混合物と同程度の品質・施工性を保つことができる
  • 通常のアスファルト混合物と同程度の対流動性を備える
中温化合材の模式図

中温化化合物の対流動性比較

項目

中温化混合物 通常のアスファルト混合物
配合区分 配合A 配合B 配合C
混合温度条件 140℃ 170℃ 140℃
締固め温度条件 125℃ 155℃ 125℃
動的安定度(DS) 1,538 1,503 926

配合:砕石マスチックアスファルト(5mmtop,改質Ⅱ型アスファルト使用)