特集 special

災害の備え

国士強靭化、強くしなやかな国へ...中長期を見据えた次世代インフラ ガイアートの長寿命化対策

排水機能と防水機能を併せ持つフル・ファンクション・ペーブ、急速施工や部分交換にもフレキシブルに対応し、重交通にも耐えうる高強度PRC版、騒音振動対策だけではなく段差抑制にも効果のある延長床版システムプレキャスト工法・・・安心と安全、そして長く使う時代への提案です。

当社の考える長期供用性舗装としてのコンポジット舗装
ガイアートのコンポジット舗装

排水機能と防水機能を併せ持つFFPを表層とし、急速施工、部分交換にもフレキシブルに対応、重交通にも耐えうる高強度PRC版を組み合わせたコンポジット舗装。

表層フルファンクションペーブ/道路用PRC版

G-RDマットG・RDマットは舗装補強・クラック防止材です。目的地に敷設し、リフレクションクラックを抑制します。

従来のコンポジット舗装は

新技術を用いたコンポジット舗装

フル・ファンクション・ペーブ道路用PRC版

フル・ファンクション・ペーブ

フル・ファンクション・ペーブ(多機能型排水性舗装)は、混合物一層で表面付近は排水機能、下部はSMA(砕石マスチック舗装)の防水性機能を持つ新しいポーラスファルトの舗装です。多機能に変えたことにより、通常のアスファルト舗装よりもLCCに貢献できます。

  • 適材適所
  • 排水性舗装路線の交差点部や幹線道路
  • 寒冷地域の冬期路面対策が必要な幹線道路
  • 坂道や曲線部、トンネル出入口などですべり抵抗性が求められる道路
  • 橋面舗装の表層

排水機能と防水機能の二つの機能を持っています。


フル・ファンクション・ペーブ

  • 防水層が水の浸透を遮断し、下部舗装の品質劣化を防ぎます。
フル・ファンクション・ペーブ

×
排水性舗装

  • 排水性舗装は雨水は基層上で排水されるので、基層の品質劣化が進行し、更に劣化が進むと路盤にまで影響が及ぶこととなります。
排水性舗装

排水層のキメ深さにより、高いすべり抵抗値を有しています。
事故対策にも効果的です。

高いすべり抵抗値が評価され、事故対策に採用されました。
FFP施工後1年を経過し、発生件数の減少につながりました。

排水層空隙と縦溝が凍結防止剤の残存率を高め、
凍結抑制効果持続時間を大幅に改善します。

道路用PRC版

空港・港湾で実績のある重荷重用の高強度PRC版の技術を道路用に改良し開発した舗装版です。急速施工、部分交換可能なプレキャスト舗装版です。
いままでのコンポジット舗装では、コンクリート打設のため全面規制が必須でした。

  • 適材適所
  • 重交通路線において頻繁に補修している箇所
  • 全面交通規制が困難な主要道路交差点
  • 供用開始しており、急速施工が要求されるトンネル内・高速出入口・アンダーパス等

適切な設計・施工を前提として、40年以上の耐荷性能を有しています。

切な設計・施行を前提として、40年鰄所の耐火性能を有しています。

道路用PRC版における鉄筋の疲労解析結果およびひび割れ幅の解析結果より、路床CBR3%、下層路盤厚15cm以上において、N7交通(旧D交通 )に対応できます。
※道路用PRC版開発にあたり、石川工業高専との共同で実物大実験を各種行い、道路用PRC版における疲労度設計法の適用性と耐荷性能を確認致しました。

コッター式継手の採用により部分交換が可能です。

コッター式継手

  • コッター式継手の特長と効果
  • 車線規制で段階施工が可能
  • 部分的な取替が繰り返し可能
  • 曲げモーメントとせん断力を伝達

可能圧密沈下や暗渠横断部などで不同沈下が想定される場合でも特殊な治具(オプション)を内蔵することによりリフトアップが可能です。

埋め込み治具 ジャッキアップ状態

  • 沈下対策システムの特長と効果
  • 沈下対策が繰返し作業が可能
  • 車線規制・短時間で作業が可能
  • 軟弱地盤での採用も可能

路面下空洞化対策として

路面下空洞化対策

東日本大震災により路面変状が発生、変形箇所およびその周辺においての路面下空洞対策として高強度PRC版が採用されました。

段差抑制対策として

路体内にボックスカルバートがあり、不同沈下による段差箇所に対し長年にわたり舗装で摺付けする等の対応をしておりましたが、圧密沈下による横断ボックスカルバートへの悪影響を懸念し、抜本的な補修方法として軽量盛土工と組み合わせた道路用PRC版が採用されました。

落野目地区舗装修繕工事(山形県酒田市 )

  • 現道
  • 補修工法